最新キャンペーン

​価格で探す

面積で探す

>40m²以下

>40m²〜60m²

>60m²〜80m²

>80m²〜120m²

>120m²以上

都市で探す

>ダナン

>ニャーチャン

>ハノイ

>ホーチミン

ニュース&​コラム

年初9か月GDP成長率+6.41%、Q3は直近数年間で最高の+7.46%
​2017/10/03

統計総局(GSO)の発表によると、2017年年初9か月の国内総生産(GDP)成長率(推定値)は+6.41%で、上半期の+5.37%から加速した。

四半期別のGDP成長率は、第1四半期が+5.15%、第2四半期が+6.28%、第3四半期が+7.46%と加速傾向にある。Q3のGDP成長率は直近数年間で最高を記録した。

年初9か月のGDP成長率を分野別で見ると、最も大きく伸びたのはサービス業の+7.25%。このうち、伸びが大きかったのは、◇宿泊・飲食:+9.00%、◇卸売・小売・修理:+8.16%、◇金融・社会保険:+7.89%、◇輸送・倉庫:+7.81%など。また、工業・建設業は+7.17%、農林水産業は+2.78%の成長だった。(VIETJOベトナムニュースより)


日本の経済成長と比べてみると、

1954年から1973 年にかけての高度経済成長期は、平均約10%(当時の世界では類を見ない程の成長)

 
1973年から1985年にかけての安定成長期は、平均約4%の成長率を維持。


1985年から1991年のバブル経済時は、平均約6%でした。


現在の日本経済の平均GDP成長率は約0.8%となっています。


ベトナムはまだ人口が増加しており、成長中の状態なので今後がさらに楽しみですね。

ベトナム基礎知識「ダナン」とは?

2017/09/04

1/10
Please reload

Vinhomes Central Park内ランドマーク81はあとわずか
​2017/09/26

Vinhomes Central Park内でもひときわ目立つランドマーク81.461mの高さは世界TOP10に入るくらいです。

6つ星のホテルやショッピングセンターも併設される大人気物件も、もう残りわずかです。

​お早めにご検討ください。

NOVALAND VictoriaVillege 発売開始!
​2017/09/25

NOVALANDが2区の新都心で新たなプロジェクトの販売を開始いたします。

Victoria Villageは徒歩圏内に国際総合病院や市庁舎があり、今後さらなる発展が見込める新都心での大型コンドミニアムです。

プロジェクト内にはインターナショナルスクールはもちろん、川沿いの大型公園、インフィニティプールも併設されています。

​利回り保証のついている部屋も販売予定です。

ホーチミン:1区中心部の地価+83%上昇、メトロ1号線特需で!
​2017/08/24

メトロ1号線(ベンタイン~スオイティエン間)沿線で1区の中心部に位置するベンタイン駅、市民劇場駅、バーソン駅の3駅周辺地域の地価が、年初からの7ヵ月で最大+83%上昇している。全国63省・市の通り7万本の地価データを提供するガックバン社(Gach Vang)の報告で明らかになった。同社によると、地価の上昇はメトロ建設による駅周辺地域の活況に対する期待が要因だという。弊社はこの駅近辺を中心に物件紹介しております。

ダナンのホテル市場、20年に供給客室数2倍超の見通し
​2017/08/16

ダナン市における2017年の不動産市場レポートによると、2017年末までに3~5つ星ホテル21軒から客室3800室が新たに供給され、同市の同年末時点における供給客室数は前年末比+40%増の1万6769室に増加する見通し。2019年には供給客室数が1万9600室へと拡大する予定です。
なお、同市における現在のホテル供給客室数は1万4255室となっており、2020年には2倍超の3万2000室へと増える見込みだ。

​現在ダナンでは8%~12%の利回り保証がついている物件も取り揃えております。

日本企業による不動産投資相次ぐ、住宅市場に高い将来性
​2017/08/03

計画投資省海外投資局(FIA)によると、2017年上半期の海外直接投資(FDI)認可額で、日本は全体の24.45%を占める50億8000万USD(約5630億円)に上り、94か国・地域で最大となった。日本企業による不動産分野への投資が相次いでいることが背景にある。
不動産専門家によれば、日本企業は通常、ベトナムの不動産市場への投資には非常に慎重な態度を取る。最初の投資案件は、市場調査や提携先ベトナム企業の実力拝見的な性質を持つが、その結果市場の将来性が明確になり、ベトナム企業に実行力があると分かると、迅速に次の案件に取り掛かる。
主にアジアで不動産投資・開発を展開するクリードグループ(東京都新宿区)の宗吉敏彦社長は、「ハノイ市ホーチミン市だけでも毎年5万~6万世帯が増えている。30年余り前の日本のように、ベトナムでも中流住宅の需要が増大するだろう」と語り、この分野に投資を集中させる考えを示した。

 

​ホーチミン中心地近くにも日系不動産会社によるプロジェクトも多数あり、販売が可能です。​
 

ベトナム現地法人・京浜ベトナム株式会社

 

ホーチミン本店 Ho Chi Minh Head Office

102-104 Ly Tu Trong Street, District 1, Ho Chi Minh City

TEL +84-28-3824-5111 FAX +84-28-3824-4111

 

東京オフィス Tokyo Office

〒123-0851 東京都足立区梅田4-13-6 日本法人・株式会社マイメディア内 http://www.mymedia.jp

  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • LinkedIn - Black Circle

©2017 KEIHIN VIETNAM. All Rights Reserved